50代で見なおそう!知っておきたいエイジングケアの基本知識広告

50代で見なおそう!知っておきたいエイジングケアの基本知識

更新日:

広告主:ファンケル
制作:楽天シニア

「最近、肌の調子が悪い日が多いかも」、「乾燥だけではなく、シミやくすみも前より気になる…」こんなお悩みはありませんか?実は50代は、肌が変わる機会です(※1)。
30代・40代と同じケアでは足りない?と感じはじめた今こそ、スキンケアの見直し時期かもしれません!今回は、そんな50代でのエイジングケア選びで大切なポイントをご紹介します。

本編の用語について

  • エイジング…加齢
  • エイジング悩み…加齢による肌悩み
  • エイジングケア…加齢(エイジング)に応じたお手入れ(ケア)すること
  • 年齢サイン…50代であげられる多い肌悩み、シミ、たるみ、シワ、くすみなど

    ふとした瞬間に…気になる50代のエイジング悩み

    ふとした瞬間に…気になる50代のエイジング悩み

    50代になってから、ふとマスクを外して鏡を見るとシワやたるみが気になったり、写真を撮ってみたらほうれい線が思ったより目立つ気がするなんてことはありませんか?これまでと同じお手入れをしているのに、以前よりも肌の調子が悪かったり、シミ・しわに加え、かさつき・がさつき、たるみなどで全体の印象が変わってきたなど、肌の悩みが増えたという方は多いようです。

    50代からのスキンケア、何から始めるべき?

    50代からのスキンケア、何から始めるべき?

    そんな複合的な年齢肌の悩みにはどのようなケアをすればよいのでしょうか。エイジングケア用の商品はたくさんありますが、「何を選べばいいの?」「私の肌にはどれが合うのかな?」など、商品選びに迷ってしまいますよね。まずは50代に多いエイジング悩みの原因を正しく知ることから始めましょう。

    エイジング悩みの原因

    エイジング悩みの原因

    50代であげられることの多い肌悩みには、シミ、たるみ、シワ、くすみなどがあります。まずは、これらのエイジング悩みはどんな原因で起こるのかを詳しくみていきましょう。


    乾燥(※2)
    年齢を重ねると皮脂の分泌量の減少が起こり、肌はどうしても乾燥しやすくなり、シワができやすくなります。また、新陳代謝が低下すると、肌の弾力のもとであるコラーゲンなどを生み出す力が低下するので、シワやたるみができやすくなってしまいます。

    糖化(※3)
    糖がタンパク質と結合して、体内に影響を及ぼす作用のことを糖化と言い、皮膚が糖化すると、肌のくすみをはじめ、ハリ・弾力性の低下が起こるとされています。

    紫外線(※4)

    紫外線(※4)

    紫外線により発生する活性酸素や真皮まで届くUVAは、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンを破壊。肌のハリ不足の主な原因となります。

    ホルモンバランスの乱れ(※5)
    月経前後や更年期に起こる身体的、精神的症状によるホルモンバランスの乱れにより、メラニン色素の生産が高まり肌のくすみの原因に。睡眠不足がホルモンバランスの乱れや新陳代謝の低下を招き、肌荒れの原因にもなることもあります。

    角層の変化(※2)
    50代の角層の表面は、30代と比べて20%も硬く厚く(※2)なります。それにより、今までと同じスキンケアでは角層のすみずみまで美容保湿成分が届きにくく原因に。

    このようにさまざまな要因が重なり、肌悩みが複合的に表れはじめるのが50代の肌状態です。

    50代からのエイジングケアで大切なポイント!

    50代からのエイジングケアで大切なポイント!

    「今までのスキンケアでは物足りない」、「化粧水の重ね付けや、美容液を加えても、うるおい不足な気がする」など、肌なじみがいまいちかも?と感じたら、スキンケアを見直す機会です!50代の肌に合ったエイジングケアを選ぶための、3つのポイントをご紹介します。

    1.しっかりと保湿できること
    乾燥が進行すると代謝機能やバリア機能が弱まるだけでなく、シワをはじめとした肌悩みのもとに。しっかり保湿できているかが何よりも重要なポイントです。

    化粧水
    化粧水はしっかり保湿ができて肌の水分量を上げることが大切なポイント。まずは【高保湿なもの】を選びましょう!みずみずしくうるおすことで後から使うスキンケアや美容成分がよりなじみやすくなります。うるおいで肌の下地を整えることがエイジングケアの基本です。

    クリーム・乳液
    化粧水で肌を整えたら乾燥からしっかり守るため、クリームや乳液でうるおいのふたをしましょう。1本で済むスキンケアも便利ですが、大人の肌は皮脂が不足しがちなので、化粧水でケアしたあとは美容液成分を肌にとじこめるものを使うのがおすすめ。エイジングの大敵である乾燥が気になる季節にも安心できるよう、うるおいが長時間持続するかどうかもしっかりおさえたいポイントです。

    2.複合的な肌悩みに応えてくれること

    複合的な肌悩みに応えてくれること

    エイジングの原因が複合的になり、悩みもいくつか合わさってくるのが50代。これまでは特定の肌悩みからスキンケアを選んでいた人も、これからの肌変化に備えて複合的なエイジング悩みに応えてくれる化粧品を探しておくと、この先の心強い味方になってくれるはず。

    3. 同じラインやセット使いをすること
    エイジングケアでは、同じ成分が使われていて効果が一層期待できるライン使い※がおすすめ。悩みの原因別の化粧品を選びましょう。 継続して使用することも重要。 毎日のお手入れはライン使いでしっかり全体ケアしながら、特に気になる箇所には美容液などのスペシャルケア を週1~2回するなど、肌状態にあわせて取り入れていきましょう。
    ※ ライン使いとは、同じブランドの同じシリーズの化粧品やスキンケアアイテムを使うこと。

    こんなケアはやってはいけない! 50代からのスキンケア方法

    こんなケアはやってはいけない! 50代からのスキンケア方法

    化粧品には適切な利用方法があるので、正しい使い方をぜひ実践ください。次のようなケアには要注意です。

    夜しかお手入れしない
    朝はベタつくから乳液やクリームを塗らないという人もいますが、朝もスキンケアで保湿することが大切です。日中は外気やエアコン・紫外線などで肌に影響を受けるため、朝晩しっかりお手入れしましょう。

    力を入れてマッサージする
    気になるほうれい線や目元のシワ、なくなってほしいと思いながら力強く引っ張ったりしていませんか?肌をこすることで乾燥や炎症の原因(※2)になってしまいます。

    目分量で使う
    目分量で使ってしまうこと、よくありませんか?スキンケアにはそれぞれ効果的な量が決められているので、目分量で使ってしまうのはもったいないです。効果的に使えるよう、正しい使用量を今日から確認して使用しましょう。

    50代の肌悩みを解決!おすすめエイジングケア商品

    50代の肌悩みを解決!おすすめエイジングケア商品

    50代の肌悩みには、ファンケルのエイジングケアブランド「ビューティブーケ」の商品がおすすめ!商品の特徴や魅力をお伝えします。

    ビューティブーケのエイジングケア

    ビューティブーケのエイジングケア

    ファンケルのエイジングケアブランドとして生まれた「ビューティブーケ」は、大人の女性に本当に必要なものを考え、賢くキレイを叶えるエイジングケアを提案しています。厚く硬くなった大人の肌をやわらかくほぐしながら美容保湿成分を角層まで届けるので、50代の悩める肌をハリつや肌に導きます。

    日本初※!W発酵スキンケア
    ビューティブーケのスキンケアは、年齢サインから肌を守る「美肌酵素」に着目。独自開発の「発芽米発酵液」とファンケルとキリンが共同開発した「白麹ステロール」ふたつの発酵保湿成分を配合し、「発酵の力」でうるおい・ハリ・つやを導きます。
    ※ 発芽米発酵液(サッカロミセス/コメ発酵液)と白麹ステロール(アスペルギルス培養物)を配合したスキンケア
    Mintel社データベースを用いたファンケル調べ(2021年8月時点)

    美容液のような使い心地「発酵浸透化粧液とてもしっとり」

    美容液のような使い心地「発酵浸透化粧液とてもしっとり」

    「発酵浸透化粧液とてもしっとり」は、1品で、乾燥小ジワを目立たなくする※・うるおい・乾燥くすみ・ハリ・つや・キメなどさまざまな肌悩みがケアできる化粧液。一般的に化粧水の多くの成分が水を使用しているところ、水の代わりに「発芽米発酵液」を100%使用している贅沢な処方で、硬くなった年齢肌をほぐして、うるおい・美容成分を角層深く浸透させます。もっちりとろみのある使用感で高い保湿力が特徴です。
    ※効能評価試験済み

    ハリつやクリーム

    ハリつやクリーム

    「ハリつやクリーム」は、しっとりうるおいを密封する多機能クリーム。美容保湿成分を含むアルガンオイルが配合されているため、乾燥を防ぎながら、なめらかな肌触りにしてくれます。クリームだけではなく美容液・パック・マッサージ・アイケアの機能を備えているため、気になる部分に重ね付けするだけでさらにケアできます。

    スキンケアを見直して、明るいハリつや肌を目指そう!

    50代、身体や環境の変化もあったりと忙しい日々が多いかもしれません。でも肌が安定していると不思議と明るい気持ちになることもありますよね。これまでと違う?と感じた時こそスキンケアを見直して、自分へのお手入れ時間を作ってみてください。
    いつまでも輝く明るいハリつや肌を目指しましょう!

    ※1 肌の若々しさの鍵「女性ホルモン」の作用メカニズムに着目
    https://www.fancl.jp/laboratory/rdstory/beauty-07/index.html
    ※2 ファンケル総合研究所調べ
    ※3 白麹菌抽出物をエイジングケア製品の開発応用へ 美肌機能に関わる酵素の増加と皮膚老化兆候改善を確認
    https://www.fancl.jp/laboratory/pdf/20210806_bihadanikakawasukousonozouka.pdf
    ※4 日本化粧品工業連合会 紫外線の肌への影響
    https://www.jcia.org/user/public/uv/affect
    ※5 内閣府男女共同参画局 女性ホルモンの変化
    https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h30/gaiyou/html/honpen/b1_s00_02.html
    ファンケル研究所リリース
    https://www.fancl.jp/laboratory/rdstory/beauty-07/index.html

    興味のある方はチェック!

    ビューティブーケの商品はこちら

    関連コラムRELATED

    このページをシェアする
    • LINEでシェアする
    • facebookでシェアする
    • X(旧Twitter)でシェアする