噛んでお口にうるおいを 明治「お口のミカタグミ」インタビュー広告

噛んでお口にうるおいを 明治「お口のミカタグミ」インタビュー

更新日:

広告主:株式会社 明治
制作:楽天シニア

大人も楽しめるグミ、明治「お口のミカタグミ」を3名の楽天シニアユーザーさんにお試しいただき、その感想をインタビューしました。

硬さがちょうどいいと思います

楽天シニア:
今回「お口のミカタグミ」をお試しいただきましたが、率直にいかがでしたか?

Iさん:
グミはほとんど買わないので、久しぶりに食べました。子どもが小さい頃に買ったものを味見程度に食べた時以来ですかね。おやつ以外にこういった商品があることも知らなかったです。
子どもにあげていたようなグミは、あっという間に口の中で溶けてしまう柔らかいものだったのですが、「お口のミカタグミ」は適度な硬さでたくさん噛んでもしばらくグミが口の中に残るのでたくさん噛めました。
パッケージに硬さのチャートが載っているのも興味深かったです。

Oさん:
私も普段グミはあまり食べません。孫にグミが欲しいと言われて買ったものを、ひとつもらって食べたくらいですね。今回「お口のミカタグミ」を食べてみたら、味も硬さもお菓子とはまた違った感覚で「あぁなるほど!」と思いました。

Aさん:
私も皆さんと一緒で子どもが食べるものという認識です。子どものために何回か買った程度で、普段は食べないですね。
「お口のミカタグミ」は、まず味がおいしかったです。それに口に入れた時「あれ?グミってこんな硬かったっけ?」と思いました。たくさん噛めました。

楽天シニア:
みなさん、グミは子どもの食べ物というイメージがあったのですね。こういう“噛むこと”が目的のグミであれば、日常的に食べたいと思いますか?

Iさん:
そうですね。甘みがあまり強くないですし、子どものおやつのイメージとずいぶん違う印象でした。

Oさん:
これからバス旅行などに参加できたらと思っていますが、「お口のミカタグミ」なら手軽に持ち運べるので外出時に携帯したいですね。グミなら外出先でも食べたら飲み込んでしまえて、ゴミが出ないのが良いですよね。
味は、マスカット味(※)がおいしかったです。

Aさん:
私も、「お口のミカタグミ」は値段もお手頃ですし続けたいです。味は、レモン味(※)が良いなと思います。ただ、「お口のミカタグミ」はおいしすぎて食べすぎてしまいそうなので(笑)。お出かけ用に欲しいですね。カバンに入れておきたいです。

お口のミカタグミをきっかけに“噛むこと”を意識できた

楽天シニア:
現代は、昔に比べて柔らかい食べ物が増えて、噛む機会が減っているという声もありますが、日頃から積極的に“噛むこと”を意識されていますか?

Iさん:
健康番組をよく観るので、“噛むこと”が体に良いということは知識としては知っているのですが、お恥ずかしながら全くといっていいほど噛めていないです。大食い早食いで飲むように食べているので(笑)、今皆さんとお話ししながらちゃんと噛まないといけないな、と改めて思いました。
今回「お口のミカタグミ」を噛むことで意識し直すことができて良かったです。

楽天シニア:
食事を変えることはなかなか大変ですが、グミを噛むところから「噛むって大切なんだな」と実感を持てるのは良いですね。

Oさん:
私は普段からよく噛みますね。何でもカウントするのが好きなので、30回数えてから飲み込んでいます。柔らかい豆腐などは30回噛む前に溶けてなくなってしまうので、あえて硬いじゃこやピクルスをかけて噛むようにしています。98歳の母は、今でもよく噛んで食べています。私もそれを見て育ったのでよく噛むのかもしれません。

食事をする女性

楽天シニア:
素晴らしいですね。お口のミカタグミもたくさん噛みましたか?

Oさん:
はい。適度な硬さのせいか噛む回数は多かったと思います。

Aさん:
私は食事の時間が短いので、普段はあまり噛めていないと思います。今回のグミに関しては、「これは噛むためのグミだから、噛まなきゃもったいない!」と思い、意識的に噛みました。日常の食事でも噛んだ方が良いとわかってはいるのですが、カウントしてみても、「あぁもう無理!」ってなってしまいます(笑)。このグミは噛まざるを得ない硬さなので、この硬さが良いですよね。

“噛むこと”はメリットづくし!

口元を見せる女性
楽天シニア:
“噛むこと”は唾液を促す以外にも多くのメリットがあることが知られています。
皆さんが感じる“噛むこと”のメリットはどんなことがありますか?

Iさん:
集中したい時に噛むと聞いたことがあります。ガムをクチャクチャさせているのってあまり良いイメージがなかったのですが、スポーツ選手がガムを噛んでいるのはそういう目的があるみたいですね。初めて知った時は驚きました。

楽天シニア:
いいことづくしの“噛むこと”を、無理せず日常に取り入れていきたいですね。本日は貴重なお話をありがとうございました。

うるおいがほしい時に食べる「お口のミカタグミ」

噛んでお口の中をリフレッシュ
マスク着用時のお口の不快感など、お口にうるおいがほしい時に、噛んでリフレッシュできるグミです。味は、レモン&ルイボス味、ぶどう&ルイボス味の2種類です。

※10月4日より商品がリニューアルされました

関連コラムRELATED

このページをシェアする
  • LINEでシェアする
  • facebookでシェアする
  • X(旧Twitter)でシェアする